So-net無料ブログ作成
検索選択

元気とどけ!播州鯉(産経新聞)

 5月5日の端午の節句に向けてこいのぼりの生産がピークを迎えている。「播州鯉」で有名な兵庫県加東市の柴崎物産では、長さ50センチのこいのぼりが所狭しと並び、出荷に向けて準備が進んでいる。

 同社では、15センチの小さなものから、10メートルの大きなものまで、さまざまなこいのぼりをすべて職人が手作業で染め上げている。真っ白なナイロン地に、濃い色の染料から順に型を使い、次々と青色のこいのぼりを生み出していく。

 柴崎彰孝社長(59)は「新型インフルエンザに負けず、子供たちが元気に育ってほしいとの思いをこめてます」と話していた。生産は4月末まで続く。

【関連記事】
強豪国も注目する職人技、スレッジ用具製作で貢献
【Viva!ヨーロッパ】フランス 「北野ワールド」パリ席巻
「観察」こそデザインの原点
大津の西川さん3位 世界パン職人コンテスト
日本のモノづくりは真央型か、ヨナ型か
20年後、日本はありますか?

<生方氏解任>閣内「収拾」の思惑 批判を抑制(毎日新聞)
診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定−政府(時事通信)
小沢、与謝野両氏が会談!? 「連携の可能性」憶測呼ぶ(産経新聞)
【from Editor】テンプルに当てた一発の気概(産経新聞)
生方氏解任、党にダメージ=「議論の場つくる」と強調−民主・細野氏(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。